温泉の泉質

熱海に湧出する温泉の泉質、および適応性と禁忌症

泉質(細分) 適応症(浴用)
■塩化物温泉(67.2%)
ナトリウム・カルシウム:塩化物温泉(29.4%)
・神経痛
・筋肉痛
・関節痛
・五十肩
・運動麻痺
・関節のこわばり
・うちみ
・くじき
・慢性消化器病
・痔疾
・冷え性
・病後回復期
・疲労回復
・健康増進
・きりきず
・やけど
・慢性皮膚病
・虚弱児童
・慢性婦人病
ナトリウム:塩化物強塩温泉(0.5%)
ナトリウム:塩化物温泉(0.5%)
ナトリウム・カルシウム:塩化物強塩温泉(0.5%)
カルシウム:塩化物温泉(0.5%)
ナトリウム・カルシウム:塩化物温泉(24%)
ナトリウム・カルシウム:塩化物・硫酸塩温泉(2%) 上記の適応症に加え、動脈硬化症
ナトリウム・カルシウム:塩化物・硫酸塩温泉(0.5%)
■硫酸塩温泉(22.5%)
カルシウム:硫酸塩温泉(2.5%)
・神経痛
・筋肉痛
・関節痛
・五十肩
・運動麻痺
・関節のこわばり
・うちみ
・くじき
・慢性消化器病
・痔疾
・冷え性
・病後回復期
・疲労回復
・健康増進
・きりきず
・やけど
・慢性皮膚病
ナトリウム・カルシウム:硫酸塩温泉(2.5%)
ナトリウム・カルシウム:硫酸塩温泉(0.5%)
ナトリウム・カルシウム:硫酸塩・塩化物温泉(16.1%) 上記の適応症に加え、虚弱児童、慢性婦人病
ナトリウム・カルシウム:硫酸塩・塩化物温泉(1%)
■単純温泉(10.3%)
単純温泉(6.3%)
・神経痛
・筋肉痛
・関節痛
・五十肩
・運動麻痺
・関節のこわばり
・うちみ
・くじき
・慢性消化器病
・痔疾
・冷え性
・病後回復期
・疲労回復
・健康増進
アルカリ性単純温泉(3.9%)

※表中の%は平成元年以降、温泉分析実施204井(伊豆山温泉分含まず)を参考としました。

禁忌症
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、心臓病(ただし高温浴42℃以上の場合)、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、高度の動脈硬化症(ただし高温浴の場合)、高血圧症(ただし高温浴の場合)、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)

こんな温泉が湧出しています。

ページ上部へ戻る